日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

第15回ちくさ高原ヒルクライム 優勝

3時半起床、4時出発。
レース会場は鳥取県との県境のちくさ高原ネイチャーランド。

下道で会場へ向かったが、鹿が闊歩している峠道ばかりで、涙目になった。

7時着。気温14℃位で雨。
9時スタートだったので、軽量化を済ませローラーでアップ。250w3分とか

f:id:shunsuke926:20131020065231j:plain

スポーツバルムを身体中に塗り塗り塗りたくり、身体が冷えないように心がける。

定刻になり、スタート地点へ向かう。
今回のレースは12㌔と6㌔の2本勝負。

1本目:32分55秒
序盤6㌔までは緩斜面なので、先頭はお任せして2.3番手キープで省エネを心がける。昔なら突っ込んで行って盛大に逆噴射してたはず。

右から何人かするすると上がってくるので、都度チェック。

気がつけば先頭になってた。とは言っても独走出来る調子でもなかったので、マイペースで進む。誰もアタックしてこなかったので助かった。

残り3キロの標識が見えたあたりで四人位に絞られる。

ラスト2キロ位から学生らしき青年と私の2人に絞られる。暫く並走してラスト1キロ。
ダンシングで振り切って1着ゴール


直ぐに下って、着替えをしてローラーで乳酸除去に努める。


2本目:23分ちょっと
登り区間からのスタート
残り3キロ位で四人程に絞られ、1本目と同じ展開へ...

某大学のジャージ着た青年が何度もアタック。思わず「元気やなぁ!」と声かける

ラスト1キロで1本目の青年とまた並走になるも、気合いのダンシングで1着ゴール

いやぁ楽しかった!!!いつも独走か個人TT状態なので、今回みたいなレースやってる感が無かった分、より一層楽しめたのかも。
やっと優勝出来て一安心(゚ω゚)



調子はイマイチ、雨で気温が低い中、結果を残せた事は良かった。自足がついてきたかな。サドルは後2ミリ上げないとなぁ。簡単にサドル調整出来ないのがISPの痛いところ('A`)

龍野マウンテンバイク協会様の運営は、参加者との距離がとても近く、まったりとしていてとても良かったです。
小規模ながら、レースの場を設けて頂けるのは我々アマチュアにとっては、とてもありがたいです。ありがとうございました!


次はヒルクライムチャレンジシリーズ
勝ってシーズンを終わりたい。そして褒美にラーメン炒飯セットを食べるんや!