日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

家の鍵を忘れると大変な事になる

火曜日

 

嫁さんが講習会で保育園の迎えに行けないということで

小生がフレックスで脱社して、迎えに行く事になっていた

 

15時45分で上がって、16時20分に家着。

保育園の施錠カードと車の鍵を取りに家に入ろうとした

 

!!!!

………

鍵持ってないやんか…

 

明けられそうな窓を開けようとしてみるも当然開かない

鍵を忘れて家に入れない時の絶望感は異常。

(ケータイも家の中に忘れていてどうすることもできない)

 

2階によじ登っても無理だろうな…と

さてどうすっか。。。

 

とりあえず17時までに保育園に迎えに行くと伝えてあるので

4.5km先に保育園に娘を向かいに行くしか選択肢はなかた

 

チャリ用の靴(スニーカータイプでよかった)で闊歩して、時には走り30分で保育園へ。汗だくで遅れた事情を説明

悲壮感漂ってたのか、心配してくれました(∀`*ゞ)テヘッ

 

復路が地獄

娘を抱えたまま、4.5kmの道のり

おんぶに抱っこに肩車とローテーションして、いすゞの社員共にちら見されながら

ヨレヨレで帰宅。腕バキバキ。

時は18時…

まだ嫁は帰宅せず…

玄関で星空と厚木基地から発着する飛行機を見ながら寒さに耐える。

娘はスキーウエア着てるから暖かいけど、小生は汗冷えで困った。

登山用のファイントラック着ててよかったです。まじこのアンダーはおすすめ

 

そうこうしてると、隣のゲイリーさんが帰ってきて。家に入ってクダサイ!っと何度も勧めてくれたので、お言葉に甘えてお邪魔する。

さすが牧師!汝人を愛せですねニッコリ

 

アメリカのキットカットは1種類しか売ってなくて、日本みたいに豊富なラインナップじゃないらしい。結構羨ましいらしいです。

お互いの夫婦の馴れ初めを語ったりと、やべぇ居心地よすぎワロタ

人見知りの小生がインターナショナルな触れ合いをするとは!

 

19時前に嫁さん帰宅で、ゲイリーさんとはお別れ。

まじ感謝。

 

流石にぐったり疲れてローラーなし。