日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

日曜日 箱根ヒルクライム 年代別優勝


f:id:shunsuke926:20150524154639j:image
このコースは3年前、極寒の中凍え死にそうになった忌まわしき場所。

 

6時起床

 
コーンクリームパスタ
コーヒー飲んで軽量化
浮腫み無し
 
7時出発
西湘バイパス使って小田原まで
 
なんだかんだで一時間かかる
準備してると荷物預けの時間が迫ってきたので、アップ無し。
不安でしたが問題なかったです。
榛名山同様、ボトルを忘れたでござる。
 
カーボンホイールで変速調整してなかった、ロー側に入らない。
スタート地点にメカニックさんがいたので調整してもらう。
救世主現る!(ゴゴゴゴ)
ありがとうございました。
サドル一ミリほど下げでポジションバッチリ。
 
年代別優勝 30-39歳 44分16秒 278w
 
今回も安定の5分縛り
300w以上出てたので、焦らず冷静に。それほどつらくなかったです。
5分経過する頃には先頭でした。
 
 
一旦上がった心拍数を落とすと、再度上げるのに苦労した事を踏まえて、周りは気にせずマイペースで進む。
 
5-6km付近で逃げていた選手に追いつきしばらく併走
後ろに張り付かずあくまでマイペース。
 
気がつけば独走になる
まだ5kmもあるんかよって思ったのは覚えてる。
「優勝あるんじゃね?」って色気出てきたのもこの頃。
 
 
【秘技:高速さっつっんステップ】で足に負担をかけないことを意識。
パワーの乗せ方が楽です。
下り区間へ。予想通りギア足らず回りきる。それでも追いつかれる事なかった。
追いつかれてスプリント勝負もある程度覚悟して、体力は残しておいた。
 
最後の下りでも後続に追いつかれる事なかったので、ラスト1kmから気合い入れてトルクかける。340wくらい
 
最後はジャージのファスナー上げて軽くガッツポーズでゴール
 
カレラSLとの相性バッチリ。
ステムを110mm→120mmに変更したので恐らく5.17kgくらい。
勾配がキツイほどこのフレームの良さが出てきますね。
 

f:id:shunsuke926:20150524154653j:image
高額参加費の元は取った!この他にワコーズのハンドクリームと万葉の湯の招待券
 
このレースはcodebike代表を強く意識して参加しました。
レース前に時間が無く、折角サポートに来てくれた店長に挨拶出来ず申し訳なかったです。それでも優勝という形で、日頃の感謝の気持ちを表せたかなと思います。
レース後ショップに寄り、賄賂をスッと渡す。
 
鍼灸すずきの先生方にもあれやこれやとサポート頂いて、テーピングバッチリ足攣りなくゴール出来ました。ヨークマートへの買い出しついでに報告。滞在時間20秒
マジオススメ治療院です。
ドヤ顔して、また行かねば
 
とは言っても、トップとは4分以上差があるので、精進あるのみです。
余力が結構あったのでもっともっと追い込めたはず。
まだまだやれることはあります。
 
秘技を極めて、減量あるのみ。
次戦は、去年独走の末超絶足攣りした美ヶ原です。
アウター必要だよなぁ(小声)