日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

ツールド実家 メテオ凄い

関西に移住して、東名の渋滞とおさらばや!と歓喜したわけですが
人生そんなに甘くないですね

名古屋という大都会を通過しないといけないわけで、名古屋に帰省する人や観光客は東西からやってくるわけで、必ず三ヶ日ICと美合付近で渋滞です

そんなわけで0200亀岡

1230実家へ
京北町へ抜けて周山街道で名田庄まで、裏道で高浜まで抜けて舞鶴まで
多分110km
ave30km/hくらい
峠3つこなした割には良いペースでした


※以下長文読まない方がいいです

メテオは乗って楽しいフレームでした
軽くもなく、エアロでもない普通のフレームで値段だけ挑戦的ですがお値段以上
 
というか狙い通り以上の、高性能なフレームでした(べた褒め)

剛性は高いんでしょうけど、それを感じさせないしなりが絶妙なんです。剛性は底なし沼なんでしょう。レベルに合わせて感じ方が違うんではなかろうか。
1000w出せる人には硬く感じるとかそんなニュアンス的

インナーよりアウターで回したほうが気持ちいいです。
無駄なく推進力に変えてくれるような気がします。

登りでもスピードが落ちないというか、ヌルヌルっと進む感覚ですね。こりゃヤビツ走らせると面白いと思いました。

フォークが秀逸なおかげで、下りが素晴らしい!今までかなりの数のフレーム乗ってきましたが、どのフレームも下り性能は癖があるわけで、メテオは素直!アンダーでもオーバーステアでもなく素敵です

昨今のフレームは剛性の高さや軽さばかり取り沙汰されますが、メテオみたいに、乗りやすくて良く進む、乗って楽しいフレームの方が買って良かったと思えるんじゃないかなと思いました。

ただ乗る人選びそうではありますね…

ビュンビュンしなるというより、ヌルヌルしなる感じ(意味不明)

これからが楽しみです。