日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

奥伊吹山荒治療練

0600発

0800長浜駅

 

ゆーへいとゆーすけと待ち合わせ

ゆーへいは体調不良につきサポートカー役

サポートカーがいると何かと助かる

今後もよろ(略)

 

当初の予定は鳥越峠という滋賀の山奥

アプローチの平坦も意識して回す

 

キャンプ場がありそこからスタート

リア充が沢山いてアウェイ感満載でした

 

峠進むも水浸しと砂と石でサバイバルの様相

途中で断念する

川状態だと登りでもグリップしないのな

 

一旦下り奥伊吹スキー場へ場所移動

 

進めども緩斜面が続く

ダム事務所の標識が見えたので左折した瞬間劇坂になり涙目

300w位出てたので安心した

このお陰で心拍数が上がるようになり

色々楽になったような

 

スキー場までの登りはユースケに出し抜かれるもペース走でじわりと追い詰められた

 

ユースケが速くなってた。

もう千切るのは不可能

伊達に2500km以上コンスタントに乗ってるだけあるわ

 

本格的な登りがなくて不完全燃焼気味ではあるが、平坦も下りも踏んだので疲れた

 

パワーも少し戻ってきたので安心

 

体重も減少傾向

あとはインターバル練と山練組み合わせて行けば戻るはず