日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

8/19 ヤビツ2本 自己ベスト更新

そういえば昨日、相模川の橋を渡っている時、強風に煽られて欄干にぶつかった(笑)

体重が軽いとピューッと飛ばされて、抵抗すれど為す術なし。

 

昔サンバーに乗っていた時、北陸道の米原付近で風に煽られて、一車線分よこにスライドした時は生きた心地がしなかったなぁ。。。

 

ヤビツ1本目:42:06秒

ガーミンのアラート機能を使って、パワーとケイデンスがある一定の数値からはみ出ると警告音が鳴るように設定して走ってみた。

具体的にはL4の上下限(パワーは大体265wと300w、ケイデンスは70rpm以下)

結果ピコピコ煩すぎて、集中力が切れた。昨日同様蓑毛までは頑張ったけど、それ以降は…

 

自分の集中力の無さに凹みながら、とりあえず頂上まで登った。

なんかサドルが低いなぁ、調子がいい証拠か!!とか調子こいてたら

案の定3mmほど下がってた。Oh…

 

下って、インターバルトレをやるか、もう一度タイムアタックするか悩む。

ここは自信を取り戻す為に、もう一度タイムアタックするか!ということで

喝を入れるためにレッドブルをグビッと。

 

ヤビツ2本目:28分36秒 299w 5.4w/kg ケイデンス72prm 心拍161bpm

しょっぱなからギアがかかりまくる。アウタートップに入るくらいスピードがぐんぐん伸びた。そうこうしているうちに工事箇所で足止め。

集中力は切れなかった。蓑毛までもグイグイギアがかかる。蓑毛までのタイムはいつもより10秒位速いペース。

蓑毛~菜の花台の区間が結構な区間アウターでいけてしまった。自分でも戸惑いながらそれでも「いけるとこまで行ったれや!」の精神でペダルを漕ぐ。

菜の花台で18分前半だった。

この辺りで3分間ほど、パワーが垂れている。それでも集中力を切らさずに、最後の区間もアウターで踏み倒した。

 

自己ベスト4秒更新した。調子はいい。

工事区間がなければもう少しタイムは伸びたかもしれない。

27分台がまた見えてきた。今まで後ろ乗りだったのをニュートラルな位置にするだけで、筋肉の疲労具合が全然違う。脚全体が使える感じ。

 

自転車の面白いところは3mmサドルの高さが違うだけで、タイムは大きく変わるところ。サドルを1mm前に出すだけでも、人間の身体は精密機械かというほどに敏感に違いを感じ取る。

 

コツコツと地道に試行錯誤を重ね、積み上げてきて、自分の限界を越える。

この達成感の為に、人は何かに没頭するんだろう。

達成感は中毒になる。

 

傍から見たら、自転車とか…ねぇ…と思わてるはず。

でも本人にとっては、自分を表現できる大切なものだったりする。

 

帰ってきて体重計に乗ると54.3kgだった。起床時は55.8kgだった。

警戒警報ピコピコだったので、積極的に水分をとった。明日は浮腫むんだろうなぁ。