日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

金、土 ミヤタ試乗

金曜日

200wで20分くらいじっくり乗って、あとはクリートいじりながら25分乗る

600kj 消費

 

土曜日

密かに数年後の時期フレームと目星をつけていたMIYATAのエレベーションEXR

code bikeさんにて試乗会やってたので、楽しみにしていた。

 

世界最軽量の鉄フレームってどんなもんじゃろと。

 

まずはじめに THE MIYATAに試乗

漕いで軽いってのが初めてわかった。まじ良いフレーム

ぬめーっと進むのに、トルクかけても底抜け感がなくぬめーっと進む

リズムつかみやすいし、ふにゃふにゃじゃないし、ヒルクラにいいなと思った。

重量さえ軽ければすぐにでもほしい。イーブンペースで回しやすい。

 

次にお待ちかねエレベーション試乗

これはまじですごい。カーボンじゃ絶対に出せない味付け

ソリッドでシャキシャキ。なんじゃこりゃと思いました

かなりの切れ味シャープネス。

35km/h~のスピードの伸びは異常。エアロロードってなんすか?そんなのいらないってほど伸びる。硬いけど、脚にこない。コソッと鉄の顔が覗く絶妙な味付け。

思い出したのは大好きだったCAAD7。でもそれより強烈な個性な切れ味

目が覚める感覚。

GIANTのTCR ADVSLも強烈だったけど、エレベーションに乗ると優等生に感じる件

悲しいかなヒルクラの速度域だと、このフレームのポテンシャルは100%発揮できないなと。純粋なレーシングバイクでした。

ホビーレーサーじゃ持て余すんじゃないかと。

 

個人的にはエレベーションの軽さでTHEMIYATAの乗り味を出してくれるとまじ欲しい。

 

というか無機質なカーボンフレームがなんだかチープに感じた、不思議な感覚です。

ミヤタの本気を感じました。色んなメーカーがいろんなフレーム出してますが、エレベーションは特に個性的で、高性能な唯一無二のフレームだった。