読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日はまた昇る

脱ヒルクライマー宣言(案)

南魚沼ロードレース 何も出来ず

アップは入念に

試走は登りと昨日の反省事項下り

ホイールはクアトロカーボン

昨日よりはましだったけど

こんなに下り下手だったかいな?

 

その後ローラーで

五分270くらいから30秒三回

 

受付行くと先頭は遥か彼方

 

ローリングスタート

辛くない

 

最初の登りで中盤まで上げる

その後の区間で前に行きたくても行き場所がなく前に上がれない

スピード出てるので強引に行くと確実に落車する

まあ先頭見えてるし、次の登りで前には出られるなと冷静に

それくらい登りには自信があった

 

監督から事前に知らされてた危険な信号区間

(電灯が付いてない区間があり急に前が見えなくなる殺人区間がある)

 

前日のTTだと気にはならないが160人の集団だと…

 

ここが危険ポイントかー

と思ってたら

 

数メートル先で落車発生

小生はなんとかブレーキ間に合って転けなくて済んだ

 

がここで足止め喰らってレース終了

 

気持ちは高ぶってるので頑張って先頭を追う

下りは難なくこなして昨日オーバーランした区間

 

 

やってしまいました田んぼへゴー!

溝にはまりまたチェーン外れる

 

完全に終了

 

その後もとりあえず練習と思って2周目こなす

 

最後の登りは練習の気持ちで320wキープが、

左の太ももがつりかけて緩めざるを得なかった

それでも300w出てるんだからたいしたものだ

 

ゴール

 

ゴール後

キャプテンが大規模落車に巻き込まれて顔面がアカン事になってました…

 

サラリーマンがロードレースやるのはリスクが高いなと改めて思い知った次第です

 

仕事と趣味の両立となるとヒルクライム頑張るのがベターだよなぁと道中嫁さんと話しました。

 

なので来期はまたヒルクライムに戻るかもしれません。パワーついてきたし、体重落ちてきたしあと1キロ痩せたら結構戦えると思うのです

 

ヒルクライム用チャリ(妄想)